サービスポジションのワイパーブレード

ワイパーブレードの交換、清掃、持ち上げ(ウインドスクリーン上の凍結した氷を除去するときなど)を行う際は、必ずサービスポジションにしてください。

サービスポジションをオン/オフにする

サービスポジションは、車両が停止しており、ウインドスクリーンのワイパーがオフになっているときに、機能ビューからオン/オフにすることができます。以下の手順に従ってください。

16w06 - Support site - Wipers symbol

ワイパーの サービス位置 ボタンをタップして、サービスポジションをオン/オフにします。サービスポジションをオンにすると、ボタンの表示灯が点灯してワイパーがサービスポジションになります。サービスポジションをオフにすると、表示灯が消灯します。

16w17 - Support site Wipers Service Position V90/S90

サービスポジションのワイパーブレード図はS90の例を示しています。

以下の場合も、サービスポジションがオフになります。

  • ワイパーをオンにしたとき
  • ウインドスクリーンウォッシャーをオンにしたとき
  • レインセンサーをオンにしたとき
  • 車両の走行を開始したとき

ワイパーブレードをサービスポジションにする前に、ワイパーブレードが凍結していないことを確認してください。

サービスポジションのワイパーアームをウインドスクリーンから起こした場合、ワイパー、ウォッシャーまたはレインセンサーを作動させる前、または車両を運転する前に、必ずワイパーアームをウインドスクリーンの元の位置に戻してください。これは、ボンネットの塗装に傷を付けないようにするためです。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ