Large Animal Detection

車両前方に大型動物が現れた場合、状況に応じ、City Safety に含まれる Large Animal Detection が動物の存在を警告し、ブレーキ操作を支援します。

大型動物

システムが大型動物(シカや馬など)に関する警告を発する可能性を高めるためには、システムの動物識別機能が体型に関してできるだけ明瞭な情報を得る必要があります。動物を真横から認識し、当該動物の典型的な動作パターンを判別できることが前提となります。

この機能のカメラが動物の体の一部をとらえられない場合、システムは動物を検知できません。

車両のヘッドライトが動物を照らしている場合、City Safety は暗闇の中でも大型動物を検知することができます。

16w38 - Support site - Large animal kontur - SPA

City Safety が大型動物として認識できるものは鹿や馬などです。体の輪郭が明確に確認でき、動いていない、またはゆっくりと動いているときに認識できます。

City Safety は補助的な運転者サポートですが、状況により大型動物を検知できない場合があります。例えば、以下のような大型動物は検知できません。

  • 身体の一部が隠れている大型動物
  • 正面あるいは真後ろから輪郭を捉えた大型動物
  • 動きの素早い大型動物
  • 大型動物と背景とのコントラストが良好でない場合。警告およびブレーキの介入が遅れたり、作動しなかったりする場合があります。
  • 犬、猫などの小動物

車両を適切に運転し、速度に応じて安全な距離を保つことは、つねに運転者の責任です。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ