音声認識を開始する

音声認識を使用することにより、ラジオ、メディア、または接続された携帯電話などの機能を車内で操作することができます。Sensus Navigation 搭載車両の場合は、ナビゲーションシステムを操作することも可能です。音声認識の使用を開始するには、考慮すべき点がいくつかあります。

音声認識とは?

音声認識システムは、発話することで車内にある特定のインフォテイメント機能や空調機能の操作を可能にするシステムです。システムは応答すると同時に、ドライバーディスプレイに情報を表示します。

メディア、ラジオ、ナビゲーション、電話、メッセージ、空調などのボルボアプリケーションにおける特定の機能を操作することができます。例えば目的地の住所設定、曲の再生、電話帳の連絡先への発信、テキストメッセージの読み上げ、車内温度の設定などが可能です。

P5–1507–Speech-overview

音声認識システム

音声認識の開始

音声認識を開始する

Video thumbnail

センターディスプレイの設定およびメニューは、ソフトウェアのバージョンにより異なります。

P5–1507–Voice control symbol

ステアリングホイールの右側にある音声認識ボタン を軽く押すと、会話を開始します。このボタンを押すとビープ音が鳴り、音声認識シンボルがドライバーディスプレイに表示されます。

これはシステムが声の聞き取りを開始し、発話を開始することができることを示しています。発話を開始するとすぐに、認識機能はその声を認識できるよう学習します。学習に要する時間は数秒で、ボイストレーニングを開始する必要はありません。

音声認識を利用する

通常の会話のトーンで、自然なペースで話します。必要な操作をシステムに理解させるためには、例えば、コマンド「目的地は」に続いて住所を発話することが重要です。特定の住所まで走行するには、コマンド 目的地は[Address] (住所) を使用します。ある特定のアーティストによる音楽を再生したい場合は、例えば、「再生マドンナ」のように発話します。

システムの音量を変更するには、応答中にボリューム調整ダイヤルを回します。音声認識を使用している間も、その他のボタンを使用することができます。ただしシステムと会話が進行している間はその他のサウンドは消音されるため、サウンドに関連する機能はすべてボタンによる実行はできません。

音声認識を改善する方法については、音声認識のユーザビリティの向上 を参照してください。

音声認識のキャンセル

音声認識をキャンセルするには、複数の方法があります。

  • ビープ音が2回鳴るまで、音声認識ボタン を長押しします。
  • 音声認識ボタン を短く押して、「キャンセル」と発声します。

システムの音声に運転者が応答しない場合も、音声認識はキャンセルされます。システムは運転者に応答するよう3度促します。それでも応答がない場合は自動的にキャンセルされます。

音声認識のアップデート

車両の音声認識システムは、つねに改良が続けられています。ご自分で最新のデータパッケージをダウンロードすることができます。詳しくは、音声認識のアップデートを参照してください。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ