Park Assist Pilotによる並列駐車

並列駐車をする際に、Park Assist Pilot オプションを使用してサポートを得ることができます。ここでは、この機能の使用方法に関する情報およびビデオチュートリアルをご覧いただけます。

Park Assist Pilotによる並列駐車

Park Assist Pilot オプション は、並列駐車をサポートする運転者サポート機能です。

Park Assist Pilot、並列駐車

Video thumbnail

メニューオプションの外観および設定は、ソフトウェアバージョンおよび言語設定により異なる場合があります。

スペースの探索および確認

17w26 - Supportsite - Park Assist Pilot - Princip, sök parkering, vinkelrätl - SPA
  1. 駐車するエリアに到着したら減速し、センターディスプレイの機能ビューにある 自動駐車 またはカメラビューにある同様のボタンをタップします。
  2. システムが適切な駐車スペースを探索します。駐車スペースの列に沿って走行を続けます。時速20 km(12 mph)以下で、その他の駐車車両から1.5 m以内の距離を維持して走行します。
  3. システムは適切な駐車スペースを見つけると、センターディスプレイで通知します。指示に従い車両を停止できるよう備えます。
  4. センターディスプレイに表示されるポップアップウィンドウで 並列駐車 を選択します。ステアリングホイールが自由に回転できる状態を確認し、後退ギヤに入れます。

Park Assist Pilot の初期設定では、車両の助手席側にある駐車スペースを探索するよう設定されています。運転席側の駐車スペースを探索するには、駐車スペースの探索が実行されているときに運転席側の方向指示器をONにします。

駐車スペースへ後退して入れる

17w26 - Supportsite - Park Assist Pilot - Princip, inbackning, vinkelrät - SPA
  1. 後退ギヤに入れた状態で、車両後方および周辺に障害物がないことを確認します。
  2. スペースに向かってゆっくりと後退します。時速7 km(4 mph)以下で走行し、ステアリングホイールが自由に回転できるようにします。後退中は車両後方および周辺に出現する障害物がないか、またはセンサーが感知していない障害物がないか、つねに注意をはらってください。必要に応じていつでもブレーキをかけられるよう備えておきます。
  3. センターディスプレイに車両を停止してくださいというメッセージが表示されたら、停車します。

Park Assist Pilot がハンドル操作を支援しているときは、かならずステアリングホイールが自由に回転できるようにしてください。ステアリングホイールが回転し終わるのを待ってから、前進または後退を始めてください。必要に応じていつでもハンドル操作ができるよう備えておきます。

車両を駐車スペースに入れる

17w26 - Supportsite - Park Assist Pilot - Princip, positionering, vinkelrät - SPA
  1. ステアリングホイールの回転が停止するまで待機し、センターディスプレイの指示に従って運転します。
  2. 引き続きセンターディスプレイの指示に従い、指示されたらいつでも停止や後退ができるよう備えます。つねに車両周辺に注意をはらってください。

機能は駐車が完了したと判断すると自動的にオフになります。必要に応じて手動で車両の位置を修正します。車両が適切に駐車されているかは、運転者が判断します。車両が安全に駐車されているかを確認する責任は、つねに運転者にあります。

車両にトレーラーが連結されているときは、Park Assist Pilot は起動できません。

Park Assist Pilot は、補助機能です。あらゆる状況に対応できるわけではありません。運転者はつねに以下を実行する責任を負っています。

  • 車両周辺に目を配る
  • センターディスプレイのインストラクションに従う
  • 適切なギヤを選択する
  • 安全速度の制御、維持を行う
  • ブレーキを操作し、停止する

記載された機能は、補助機能です。あらゆる状況に対応できるわけではありません。

安全運転を行い、適用されている交通法規や規則に従う責任は、つねに運転者にあります。

詳しくは、オーナーズマニュアルを参照してください。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ