シートヒーターの自動起動

シートヒーターの自動起動機能は、車両モデルによって異なり、運転席と助手席でも異なります。

運転席および助手席

シートヒーターの自動起動の設定が可能です。この機能は、運転席側と助手席側で異なります。機能がオンになっている場合、外気温が10 ℃未満になると運転席のシートヒーターが自動的に作動します。助手席のシートヒーターは外気温に関係なく、最後に選択した設定に応じて作動します本機能は車両モデルおよびソフトウェアのバージョンに応じて異なります。

シートヒーターの自動起動をオンにする

シートヒーターの自動起動を設定するには、以下の手順に従ってください。

センターディスプレイのトップビューにある 設定 をタップします。

温度調整 をタップします。

オート運転席ヒーターレベル および オート助手席シートヒーター から、オフ または を選択してシートヒーター自動起動の作動/解除やレベルを選択します。

助手席側

助手席の自動モードのいずれかを選択すると、シートヒーターは外気温に関係なく、このモードで起動します。シートヒーターの自動起動の設定は、運転者プロフィールに保存できます。運転者プロフィールに関する詳細情報については、運転者プロフィールを参照してください。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ