音声認識を使った Sensus Navigation の操作

Sensus Navigation が装備されている場合、音声認識操作を使用して、ナビゲーションのコマンドを使用することができます。

ナビゲーションの開始

ナビゲーション用の対話を開始するには、「ナビゲーション」と発話します。ナビゲーションに使用できるコマンドの例も表示されます。音声案内を閉じるには「音声案内オフ」を使用します。音声案内を再度開始するには「音声案内オン」を使用します。

Sensus Navigation の音声認識コントロール

Video thumbnail

センターディスプレイの設定およびメニューは、ソフトウェアのバージョンにより異なります。

コマンドを使用するには

音声認識を使用するには、ステアリングホイールの ボタンを押します。

起動したい機能のコマンドを話します。

よく使われるコマンド/フレーズ

  • 自宅」- 登録されている場合は、自宅 位置へのルート案内を開始します。
  • 目的地は - [City] (市)」 - 任意の市が目的地として指定されます(例:「目的地は Gothenburg」(ヨーテボリまで走行))。
  • 目的地は[Address] (住所)」 - 任意の住所が目的地として指定されます(例:「目的地は Kungsgatan 5, Gothenburg」(Kungsgatan 5, Gothenburgまで走行))。
  • 目的地は[Person's name] (人名)」 - 電話帳に登録されている住所が目的地として指定されます(例:「目的地は Robyn Smith」(Robyn Smith宅まで走行))。
  • [POI category] (POIカテゴリー)施設検索」- POIカテゴリー(例:レストラン)を検索します。この検索はつねに「車両周辺」でソートされます。ルート上でソートするには、検索結果が表示されたときに「ルート上」と話します。
  • 施設検索 [POI category] (POIカテゴリー) [City] (市町村) - 特定のカテゴリーおよび地域で施設(POI)を検索します。
  • 施設検索 [POI name] (POI名) - 施設名で検索します(例: 「富士急ハイランドを検索」)。
  • [country] (国)/[state] (州)」 - ナビゲーションの検索対象地域が設定されます。住所を検索するときは、必ず該当の国を選択してください。
  • [Set junction] (交差点)を設定」 - 交差点が目的地として設定されます。
  • お気に入りを表示」 - ドライバーディスプレイにお気に入りの位置が表示されます。
  • 道順を削除」 - 旅程に保存されている経由地および最終目的地がすべて削除されます。
  • 音声案内を繰り返す」 - 最後の音声案内が繰り返されます。

電話番号、家番号、住所

数字のコマンドはコントロールする機能によって、発話の仕方が異なります。

  • 電話番号および郵便番号は、1数字ずつ個々に発話します(例:ゼロ、さん、いち、に、に、よん、よん、さん(03122443))。
  • 家の番号は個々に、またはまとめて発話することができます(例:に、に、またはにじゅうに(22))。百の位を使って発話することもできます(ひゃくきゅうじゅうに(192))。英語またはオランダ語の場合は、複数のグループを連続して発話することができます(例:にじゅうに、にじゅうに(22 22))。英語では「ダブル」または「トリプル」も使用可能です(例:ダブルゼロ(00))。数字は0-2,300まで使用可能です。
  • 住所住所を指定する際、検索範囲はナビゲーションシステムであらかじめ設定された検索範囲で決まります。検索範囲(国または地域)を変更する場合は、「国を変更」または「州を変更」と発話します。検索範囲の変更が完了すると、選択された国、または地域の住所を指定することができます。選択された国が設定のシステム言語以外を使用している場合、システムは異なる認識エンジンへ自動で切り替わります。これにより、目的国の言語で住所を特定します。

一般的なコマンド

以下のコマンドは、状況に関係なく頻繁に使用できます。

  • リピート」 - 最後の音声指示が繰り返されます。
  • キャンセル」- 会話を終了します。
  • ヘルプ」- 会話型ヘルプを開始します。システムは、現在の状況で使用できるコマンド、プロンプトまたは例を表示します。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ