内燃エンジンが自動的に始動する、またはオフにならない

電気走行時、外部環境によって車両が内燃エンジンを自動的に始動する場合がありますが、これは正常な動作です。これは、たとえば外気温が低い場合などに、車内の設定温度を維持するために起こります。また、ハイブリッドバッテリーの充電レベルが最低値に達したときにもエンジンが始動します。

外気温が低いときのクライメート設定

外気温が低い場合、車内の設定温度とクリーンな空気を維持するため、内燃エンジンが自動的に始動する場合があります。設定温度を低くする、ファンの風量を弱くする、または Pure ドライブモードを有効にすることにより、内燃エンジンの作動時間が変わります。

外気温が低いまたは高いときの電気走行

外気温が低いまたは高い場合は、電気走行の距離および出力が低下する場合があります。また、内燃エンジンが自動的に始動する頻度にも影響を与えます。

エミッションコントロール

エミッションコントロールの最適な動作を確保するため、内燃エンジンは始動してから数分間作動させる必要があります。内燃エンジンの作動時間は、触媒コンバーターの温度に応じて変動します。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ