AdBlue

AdBlueは、ディーゼルエンジンによる有害物質を低減することを目的として、車両の燃焼システム(SCR)で使用される、無色の液体です。本ページではAdBlueに関する情報に加え、AdBlueの補充および残量点検について必要な情報をご覧いただけます。

AdBlue

Verband der Automobilindustrie e.V. (VDA)の登録商標です

による排出ガス制御

AdBlueフルードは排出ガスから有害物質を除去し、亜酸化窒素の排出量を低減します。このテクノロジーは、ディーゼルタンクの横にあるもうひとつのタンクが基本になっています。ここから、一定量のAdBlueが排気システムに噴射され、有害物質の排出量を低減します。AdBlueは、主に水分で構成されています(約67.5%の水および32.5%の尿素CO(NH2)2)。AdBlueは、車両の燃焼システム(SCRシステム)での使用専用に開発されています。AdBlueには専用のタンクがあり、補充する際は燃料給油口フラップの内側にあるAdBlue用のフィラーパイプから行ないます。ドライバーディスプレイは、AdBlueの残量を表示し、補充が必要になると運転者に通知します。

以下は、AdBlueに関する概要です。ご使用の車両モデルのオーナーズマニュアルをご覧になり、詳細や重要な注意事項を確認することをお薦めします。

AdBlueの点検と補充

AdBlueの残量は定期的に点検し、ドライバーディスプレイにAdBlueの残量が少ないことを知らせるメッセージが表示されたら補充してください。排気システムは、AdBlueの残量、品質および投与量を継続的にモニタリングします。不具合が生じると、ドライバーディスプレイにメッセージが表示されます。AdBlueは、ボルボ指定のサービス工場で車両のサービス時に補充することができますが、必要に応じて、ご自分で補充することもできます。走行スタイル、外気温、システムの作動温度に応じて、次の点検整備までの間にも複数回補充する必要があります。AdBlueは燃料給油口フラップの内側にある専用のフィラーパイプから補充します。

Adblueタンクが完全に空になると、エンジンを始動することができなくなります。エンジンを再始動するには、ドライバーディスプレイに表示された量以上の指定品質のAdBlueを補充する必要があります。走行中にタンクが空にならないよう、早めに補充してください。

AdBlueレベルの点検

18w09 - Supportsite - Car Status symbol

アプリビューで 車両の状態 アプリを開きます。

18w09 - Supportsite - Adblue level Symbol

ステータス をタップして、AdBlueレベルを表示します。

18w09 - Supportsite - Graphic for AdBlue level centerdisplay

センターディスプレイに表示されるAdBlueレベルのグラフィック

各カーソルは、タンク容量の約 25%を表します。残量がタンクの25%未満になると、残っているカーソルの色が黄色に変わり、10%未満になると赤に変わります。

補充

18w09 - Supportsite - AdBlue level low message

AdBlueレベルが低くなり始めると、ドライバーディスプレイにシンボルが点灯し、AdBlueレベル:低 というメッセージが表示されます。

燃料給油口フラップの後部を軽く押して、フラップを開けます。

18w09 - Supportsite - Picture showing blue cover for filling AdBlue

AdBlue用の小型フィラーパイプがある青いキャップを開けます。

適切な品質ISO 22241AdBlueを補充します。タンクに補充しすぎないようにしてください。

ガソリンスタンドでAdBlueを補給する場合、乗用車用のポンプを使用することをお薦めします。大型車用のAdBlueポンプも使用できます。

AdBlueの取り扱い

AdBlueは、主に水分で構成されており、非可燃性ですが、目や肌に炎症を与える可能性があるため、取り扱いには注意が必要です。気化したものを吸い込んだり、肌や目に触れないようにしてください。

Adblueは、密閉されたオリジナルの容器に入れて-11 ℃~30 ℃の温度で保管してください。かならず直射日光の当たらない場所に保管してください。AdBlueは-11 ℃で凍結します。外気温が低いときは注意してください。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ