ソフトウェアのアップデート

ボルボでは、お客様により優れたドライビングエクスペリエンスをお届けできるよう、車載システムとサービスの開発につねに取り組んでいます。車両のソフトウェアをアップデートすると、多くの新機能や機能向上が得られます。

ソフトウェアをアップデートする

ボルボ車のソフトウェアは、ボルボ指定のディーラーで点検・整備を受ける際に最新バージョンにアップデートすることができます。最新のソフトウェアにアップデートすると、過去のソフトウェアアップデートに含まれていた更新機能のほかに、新しい機能および更新機能を利用できるようになります。

2018年5月以降のアップデート

  • Pilot Assist。アイコンの外観と、機能を使用するには運転者の両手がステアリングホイールに置かれている必要があることを伝えるメッセージの警告音のアップデート。アップデート前

    車両モデルにより異なる場合があります。この例では、2016年モデル以降の車両向けアップデートを実行する前の、警告メッセージの外観について説明しています。

    :ドライバーディスプレイに、オレンジのPilot Assistアイコンと、運転者に操作を促すメッセージが表示されます。運転者がメッセージに従わない場合、このメッセージは表示されたままになり、警告音が鳴ります。それでも運転者が操作を行なわない場合、警告音が鳴り続け、機能がオフになり、ドライバーディスプレイに機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。アップデート後:ドライバーディスプレイに、ステアリングホイールに両手が置かれたオレンジのアイコンが表示されるとともに、運転者に自発的な操作を促すメッセージが表示されます。運転者がメッセージに従わない場合、アイコンの色が赤に変わり、警告音が繰り返し鳴ります。それでも運転者が操作を行なわない場合、一定時間にわたって短い間隔で繰り返される連続的な警告信号が鳴り、機能がオフになります。さらに、ドライバーディスプレイに赤いアイコンとともに機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。
  • Pilot Assist。車線境界線の検出不可により機能が取り消されたことを伝えるメッセージのアップデート。アップデート前:ドライバーディスプレイに、オレンジのPilot Assistアイコンと、車線境界線が検出できないため機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。アップデート後:ドライバーディスプレイに、赤い斜線が入った白いPilot Assistアイコンと、車線境界線が検出できないため機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。
  • クルーズコントロール(Cruise Control, CC)、アダプティブクルーズコントロール(Adaptive Cruise Control, ACC)、速度リミッター(Speed Limiter, SL)。機能が取り消されたことを伝えるメッセージのアップデート。アップデート前:ドライバーディスプレイに、オレンジのアイコンと、機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。アップデート後:ドライバーディスプレイに、赤い斜線が入った白いアイコンと、機能が取り消されたことを伝えるメッセージが表示されます。
  • レーンアシスト(Lane Keeping Aid, LKA)。運転者が両手をステアリングホイールに置いて、自発的に操作を行なっている(機能の作動条件)かどうかを、システムが感知する方法のアップデートと変更。ドライバーディスプレイに警告が表示される際、以前よりわずかに早く表示されたり、遅く表示されたりする場合があります。これは、さまざまな状況により適したタイミングで警告を表示することを目的としています。

2018年3月以降のアップデート

  • センターディスプレイの運転者プロフィールビューのアップデート。プロファイルを保護キー接続 オプションの位置が変更されました。また、現在の設定をプロファイルに保存する は、プロファイルを保護 が選択されている場合にのみ表示されます。現在の設定をプロファイルに保存する を選択すると、ウィンドウのテキストが数秒間「保存」に変わり、設定変更が実行されたことを知らせます。運転者プロフィールの保護および保存の方法に関する詳細については、運転者プロフィールの編集と保護を参照してください。

2017年11月以降のアップデート

  • 新機能、個人情報。コネクテッドサービスおよびダウンロード済みアプリのデータ共有を手動で有効に設定する必要があります。新車購入時、工場出荷時設定へのリセット後、サービス工場来店後、ソフトウェアアップデート後などは、データ共有を手動で有効にする必要があります。コネクテッドサービスおよびアプリのデータ共有は、作成した各運転者プロフィールで個々に有効にする必要があります。機能する上でデータ共有が必要なサービスには、Volvo On Call

    VOC市場にのみ適用。

    やメッセージの音声入力などがあります。データ共有設定に関する詳細情報については、コネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有を有効にするおよびデータ共有と運転者プロフィールを参照してください。サービス利用規約に関する詳細情報については、support.volvocars.com/legalを参照してください(2017年モデル以降の車両に適用)。
  • サービス工場来場の際にリモートコントロールキーのボタンを使用して特定のサービス工場ネットワークに接続する機能が導入されました。詳しくは、車両およびサービス工場間のWi-Fiによるデータ転送を参照してください。
  • 衝突回避アシスト 機能のオン/オフは、センターディスプレイの機能ビューに移動しました。詳しくは、衝突回避アシストを参照してください。
  • 新しいビジュアル機能、エンジン始動時のIntellisafeセーフティチェック。詳しくは、エンジン始動時のIntelliSafeセーフティチェックを参照してください。

2017年5月以降のアップデート

  • センターディスプレイ のアップデートおよび改良。
  • 車両でSensus Connectをアップデートした後は、最大限の機能性をお楽しみいただけるようGracenote®もアップデートしてください。Gracenote®のアップデート方法に関する詳細情報については、Gracenote®のアップデートを参照してください。
  • 車両設定の簡略化の一環として、「パークアシスト・パイロット」を My Car メニューから機能ビューに移動しました。
  • 音声認識でテキストメッセージを入力するオプション。詳しくは、音声認識を使った電話の操作を参照してください。
  • Run off Mitigation 機能の名称が 衝突回避 アシスト に変更されます。
  • Lane Keeping AidおよびLane Departure Warningの警告として 音声 または 振動 を選択するオプションは廃止されました。
  • 操作を簡略化するため、Lane Keeping AidおよびLane Departure Warningは、機能ビューからのみオン/オフにできるようになりました。
  • オーディオ設定ビューをアップデートしました。センターディスプレイでページ間を移動することなく全体が確認しやすくなるように、オーディオ設定のオプション数のリストを短くしました。
  • アダプティブクルーズコントロールの設定を運転者プロフィールに関連付けられるようになりました。
  • さまざまな速度でオーディオシステムの音量設定が改善されるように最適化を行ないました。

2016年11月以降のアップデート

  • Android Auto が利用可能になります

    2017年モデルに適用されます。

  • インターネットによる車両の地図の直接アップデート が導入されます。
  • 車両の最初の始動時に、シートベルトが着用されていない状態でパーキングブレーキを自動的に解除することができます。
  • 運転者プロフィールをUSBへインポートするオプションは、削除されました。これは、運転者プロフィールのインポート/エクスポートが、異なる市場の車両間または年式間で実行できない場合があるためです。詳しくは、運転者プロフィールの項、運転者プロフィールを参照してください。
  • 運転者プロフィールの保護機能が追加されました。個々に合わせた設定を作成し、運転者プロフィールにロックすることができます。詳しくは、運転者プロフィールの編集と保護を参照してください。

2016年5月以降のアップデート

  • 運転者プロフィール が追加されました。
  • 新しいアプリおよびアップデートされたアプリを利用できるようになります。
  • リモートダウンロード」の名称がセンターディスプレイのアプリビューで ダウンロードセンター に変更されます。
  • センターディスプレイの機能ビューで Adaptive Cruise Contr. (ACC)と クルーズ コントロール (CC)を切り替えることができます。
  • Clean Zone Interior Package (CZIP)装備車の場合、センターディスプレイのクライメートビューに「CLEANZONE」と表示されます。
  • SAVEドライブモードがセンターディスプレイの機能ビューのHoldおよびChargeボタンに変更されます

    XC90 Twin Engineに適用されます。

  • City SafetyLarge Animal Detectionが組み込まれます。

2015年11月以降のアップデート

  • Apple ® Car Play ®

    Apple、CarPlay、iPhone、Siri、iOS、iPhoneはApple Inc.の登録商標です。

    Apple® CarPlay® 機能
  • 42カ国でのリアルタイムトラフィック(RTTI)
  • PandoraYelp、およびFind Parkingなどの新アプリ

    利用の可否は市場により異なります。

  • 一部市場の音声認識への対応
  • さらなる詳細情報を表示できる、新たに更新された地図フォーマット
  • 住所入力のためのフリーテキスト検索用新フィルター機能
  • システムパフォーマンスおよび安定性の向上
  • 音声認識 の性能向上
  • ナビゲーション機能の向上
  • DABラジオの性能向上
  • ナビゲーションシステムで不適切な位置特定を行なうおそれのある問題の修正
  • シート調整のポップアップウィンドウが断続的に表示されるおそれのある問題の修正
  • キーレスロック/ロック解除の受信性能向上
  • 一部デバイスのBluetooth性能および互換性の向上
  • WiFi-hotspotが起動しないことがあるという問題の修正

アップグレード後の機能性は、市場、モデル、モデルイヤーおよびオプションにより異なることがあります。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ