エンジン始動時のIntelliSafeセーフティチェック

エンジンを完全に切った状態から始動すると、ドライバーディスプレイに車両の運転者サポートシステムのセーフティチェックが表示されます。これは、2017年11月にリリースされるソフトウェアで追加された、新しいビジュアル機能です。

ドライバーディスプレイに表示されたセーフティチェック

2017年11月にリリースされるソフトウェアアップデートには、ドライバーディスプレイに表示される運転者サポートとセーフティシステムチェックが含まれます。このチェックでは、車両で利用可能な運転者サポートシステムと、そのシステムの使用準備状況が表示されます。ソフトウェアをアップデートしても、以前の運転者サポートやセーフティシステムには影響はありません。エンジン始動時に表示されるビジュアルセーフティチェックは、新しい機能です。

ドライバーディスプレイ12インチ

緑のドットは、すべて良好であることを意味しています。追加チェックが必要なシステムがある場合は、ドライバーディスプレイにオレンジのドットとメッセージが表示されます。

17w50 - Support site - Intellisafe check 12

イラストは12インチディスプレイです。緑のドットはチェックの結果が良好であったことを意味します。

ドライバーディスプレイ8インチ

スタックが端まで伸びると、チェックが完了したというメッセージが表示されます。追加チェックが必要なシステムがあるかどうかを示すメッセージがドライバーディスプレイに表示されます。

17w50 - Support site - Intellisafe check 8

イラストは8インチドライバーディスプレイです。スタックがスタックが端まで伸びると、チェックが完了したというメッセージが表示されます。

使用可能な運転者サポートシステムは、市場、オプション、車両モデル、モデルイヤーにより異なる場合があります。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ