データ共有と運転者プロフィール

データ共有設定は、運転者プロフィールごとに設定します。新規の運転者プロフィールを作成すると、そのプロフィールのデータ共有設定は、車両の初期設定で無効に設定されます。これは、以前にほかのプロフィールでコネクテッドサービスのデータ共有を有効にしている場合も同様です。新規の運転者プロフィールでコネクテッドサービスを使用したりダウンロード済みアプリを表示したりするには、そのプロフィールのデータ共有を有効にする必要があります。

運転者プロフィールを新規作成したときのデータ共有

新規の運転者プロフィールを作成すると、そのプロフィールのコネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有は無効になります。そのため、以前にデータ共有を有効にしたことがある場合でも、新規プロフィールでアクセスするサービスのデータ共有を有効にする必要があります。

サービス工場に来店した後やソフトウェアのアップデートを行った後は、車両の一部の設定が初期設定にリセットされている場合があります。こういった場合は、コネクテッドサービスのデータ共有を再度有効にする必要があります。データ共有設定は各運転者プロフィールに固有のものであるため、プロフィールごとに個別に設定する必要があります。

ボルボ車を新車でご購入いただくと、ディーラーが車内での設定をお手伝いし、さまざまな設定オプションについてお客様と確認することがよくあります。つまり、納車時にコネクテッドサービスのデータ共有をすでに有効にしている場合があります。その後に新規の運転者プロフィールを作成すると、そのプロフィールのデータ共有設定は無効になります。コネクテッドサービスや特定のダウンロード済みアプリを使用するためには、データ共有を再度有効にする必要があります。

コネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有を無効にする

コネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有を承認して有効にする手順については、コネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有を有効にするを参照してください。

使用中の運転者プロフィールを慎重に確認する

データ共有はかならずしもすべての運転者プロフィールで有効にする必要はありません。各プロフィールで共有を許可するコネクテッドサービスを変えることもできます。特定の機能のデータ共有を許可するよう求めるメッセージが何度も表示されるなど、一部のアプリまたはサービスが正常に機能していないように考えられる場合は、有効になっている運転者プロフィールと、コネクテッドサービスのデータ共有を確認してください。運転者プロフィールの設定は、センターディスプレイのトップビューのプロファイルで変更できます。運転者プロフィールに関する詳細情報については、運転者プロフィールを参照してください。

各運転者プロフィールのコネクテッドサービスとダウンロード済みアプリのデータ共有は、いつでも有効にすることができますが、プロフィールの設定がロックして保存されている場合、設定変更は一時的にのみ有効となります。プロフィールがロックされている場合は、車両をオフにしてロックすると、すべての設定が保存された値に戻ります。つまり、次に車両のドアを開けてエンジンを始動したときは、すべてのデータ共有設定がリセットされています。ロックされた運転者プロフィールの変更を保存するには、センターディスプレイで 設定システムドライバープロファイルプロファイルを編集 を選択し、画面下部にあるプロフィールの変更保存をタップします。運転者プロフィールをロックして設定を保存する方法については、運転者プロフィールの編集とロックを参照してください。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ