ラゲッジカバーの使用

ラゲッジカバーを使用することにより、カーゴスペースの荷物が外から見えないよう簡単に隠すことができます。ラゲッジカバーの使用方法については、以下を参照してください。

取り付け

ラゲッジカバーの片側の先端を、カーゴスペースのサイドパネルにある窪みに差し込みます。

16w49 - Support site - cover

もう一方の先端を、反対側のスライドパネルに差し込みます。

両側の先端を、片方ずつ押し込みます。

ラゲッジカバーが所定位置に固定されると、カチッという音がして、両側の先端にある赤いマークが見えなくなります。確実に固定されていることを確認してください。

ラゲッジカバーのフロントパネルを倒して、ラゲッジカバーとリアシートのバックレストとの隙間をなくします。

16w49 - Support site - cover 2

カーゴネットオプション。を使用する場合は、フロントパネルはカセットの上にかぶせます。

使用方法

ラゲッジカバーの閉位置は、2ヶ所あります。1つは全閉位置、もう1つはカーゴスペースへアクセスしやすいよう部分的に展開する、積込み位置です。

全閉位置

ハンドルをつかみ、カーゴスペースのスライドパネル上部に沿ってラゲッジカバーを引き出します。端位置まで引きます。

16w49 - Support site - Cover 4

カバーの固定ピンを、サイドパネルの溝に入れます。ハンドルをわずかに上へ傾けて固定ピンが引っかかるようにし、カバーから手を離します。

全閉位置では、ラゲッジカバーがロックされます。

積込み位置

全閉位置から:

16w49 - Support site - Cover 5

ハンドルをつかみ、停止するまで後方へ引きます。

カバーを下に傾けます。

カバーと固定ピンを、溝に沿って慎重に斜め上方向に動かします。

カバーが巻き取られ、積込み位置で停止します。

積込み位置から全閉位置に戻す場合:

ハンドルをつかみ、ラゲッジカバーを端位置まで引き出します。

ハンドルから手を離して、固定ピンをフックに引っかけます。

全閉位置では、ラゲッジカバーがロックされます。

自動ラゲッジカバーオプションが装備されている場合は、テールゲートを開けるたびにカバーが全閉位置から積込み位置へ巻き取られます。テールゲートを閉めると、カバーは再度展開されます。ラゲッジカバーは動作を妨げる障害物の有無を検知でき、障害物がある場合にはフルカバー状態まで自動的に移動することができます。

車内温度が低いときには、ラゲッジカバーが自動で作動しないことがあります。

ラゲッジカバーの上には物を載せないでください。

自動ラゲッジカバーの開閉時には、挟まる危険があるため注意してくださいオプション。

カーゴスペースに大きい荷物がある場合、荷物との接触を避けるために、自動ラゲッジカバーが格納位置に移動します。

格納

全閉位置から:

ハンドルを持ち上げて、ラゲッジカバーの固定ピンが溝から外れるよう後方へ引いてから巻き戻します。

積込み位置から:

ハンドルをつかみ、ラゲッジカバーを引いて溝から外した後、全閉位置まで引き出します。ハンドルを持ち上げて、固定ピンが溝から外れるよう後方へ引いてから巻き戻します。

ラゲッジカバーが格納位置で止まるまで、カバーと固定ピンをスライドパネル上部に沿って動かします。

ラゲッジカバーが格納された状態では、後方の視界が遮られる可能性があります。

取り外し

格納位置にある場合:

巻き取られたラゲッジカバーの片側の先端にあるボタンを押して、端を持ち上げます。

カバーを慎重に上方/外側に傾けます。

もう片方の先端は自動的に外れるため、そのままカバーを持ち上げてカーゴスペースから取り出すことができます。

これは役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました
お役に立てて光栄です
フィードバック
送信する
はい いいえ